1. Sensay
  2. よくある質問
  3. 髪型や服装はどうすればいいの?

よくある質問

髪型や服装はどうすればいいの?髪型や服装はどうすればいいの?

塾講師や家庭教師の仕事を始める場合、どのような髪型・服装をすれば良いのという相談が多く寄せられます。髪型や服装で人の印象は変わってしまうので、

  • 怖い
  • 不潔

と思われないようなクリーンな格好が先生には求められます。

クリーンな格好とは?スーツで見る印象の違い

男女問わず一般的に塾講師はスーツ、家庭教師は私服ですが、ここではスーツを例に服装や髪型による印象の違いを見てみましょう。

どのような印象を受けましたか? 私の勝手なイメージですが、

  • 左はなんかチャラいし怖い
  • 真ん中は悪巧みしてそうで怖い
  • 右はなんかキザそうでいちいち鼻につきそう

人によってイメージは異なりますが、大体の方が上記ようなイメージに近くなるのではないでしょうか。

例えば上の2人を見比べてみて、どちらが印象が良いでしょうか? 大体の方が、右のほうが清潔感もあって仕事ができそうだと判断するのではないでしょうか。 左のほうが全てをなげうって仕事に全振りしているような妄想をしてしまう人もいるかもしれませんが、印象という面では右のほうがクリーンな印象を持つはずです。 あなたが塾の生徒さんだった場合、左の男性が先生だったら「マジか…」と思っちゃいますよね。


髪型について

髪型は先生にふさわしい髪型にしましょう。先生にふさわしい髪型というのは簡単に言うと無難な髪型です。

上記のようなあまりにも髪が長すぎて不気味に捉えられてしまう髪型、右のようにロックすぎる髪型だと若干怖い印象を与えてしまうかもしれません。

上記のような髪型は無難な部類に入ると思います。寝癖は治すように注意しましょう。髪の色は金髪など明るすぎないような色(暗い茶色など)であれば大丈夫なはずです。


家庭教師がご家庭に指導をしに行くときの服装について

家庭教師のアルバイトの場合、私服でご家庭に訪問し授業をすることになります。 男性の場合、上記のような、

  • 何かヤバそう
  • カジュアルすぎる
  • 系統が子供と異なりすぎる

女性の場合、あまり露出が激しすぎる服装はしないようにしてください。

あまりオシャレすぎる服装も指導に集中できなくなる可能性もあるのでおすすめしません。どうしてもオシャレをしたい場合には無難な格好にしておきましょう。

まとめ

生徒さんあってのお仕事ですので、生徒さんがしっかり勉強しやすいような無難な服装にしましょう。

だめな格好

  • 短パン
  • ボロボロの服装
  • 露出が激しい
  • 清潔感がない格好
  • 派手すぎる髪型

これで大丈夫かな?という疑問が出てきた場合には家庭教師センターに相談してみましょう。