1. Sensay
  2. よくある質問
  3. アルバイトの掛け持ちはOKですか?

よくある質問

アルバイトの掛け持ちはOKですか?アルバイトの掛け持ちはOKですか?

家庭教師のアルバイトは短時間の指導になるため、他の時間を利用してアルバイトの掛け持ちを行っている先生が多いです。家庭教師のアルバイトは時給が高いので、他のアルバイトを掛け持ちして効率よく稼いでいる方も多いです。 ここでは掛け持ちをする際の注意点をピックアップしました。

遅れる・休みたい場合

どちらの場合もセンターとご家庭に連絡をしましょう。 もし連絡がない場合、ご家庭とのトラブルに発展してしまう場合がありますので注意が必要です。

体調管理

家庭教師の指導は短時間ですが、結構な労力を使います。家庭教師のアルバイトが終わった後に違うアルバイトをしたり、違うアルバイトの後に生徒の指導を行ったりすると疲労が蓄積し風邪や体調不良になってしまうケースがとても多いです。スケジュールを確認し、調整するなどして精神的に余裕のある中で生徒さんの指導を行ってください。

確定申告をするケース

所得の基礎控除額が38万円を超える場合は確定申告をする必要があります。 家庭教師は給与ではなく雑所得、もしくは事業所得になりますので注意が必要です。 他のアルバイトをしている場合、確定申告をすることで払いすぎた税金が返ってくる場合があるのでアルバイト先に相談したほうが良いでしょう。